頭痛の種類と原因を説明します。
まずは頭痛のことを知りましょう 頭痛が起こる原因とその理由を見つける事が頭痛の支配から卒業する為の第一歩です。

 

 

『頭痛とは?』

 

頭痛とは、頭部に感じる痛みのうち表面的な痛みではなく頭の内側で起こる様々な痛みの症状をいいます。

 

日本の頭痛患者さんは約2,000万人以上です。そのうち偏頭痛の患者さんは約840万人です。

それでは日本人のどれくらいの人が頭痛で悩んでいるのでしょうか?

日本の頭痛持ち人口は、約3,000万人以上とも言われています。そのうちの約840万人が偏頭痛の患者さんです。そして、ほとんどの頭痛持ちの人が薬を飲んで痛みを抑えているのが現状です。

 

 

『頭痛の種類と原因』

 

ここでは頭痛にはどんな種類・原因があるのか?をご説明いたします。

頭痛が起こると本当にツライのに、周りからは「頭痛くらい...」「また...?」と扱われた事はありませんか?

もしくは「周りに迷惑かけられない」と頭痛を我慢して無理していませんか?

「頭痛ぐらいで」と軽く考えがちですが、頭痛が慢性化してひどくなると生活に支障をきたす場合や、頭痛の背後に脳の病気が隠れていることもあります。

 

  なたはどのタイプ?

  

頭痛と一言で言ってもその種類・原因は様々で対処方法も異なる為、まずはあなたの頭痛がどんなタイプなのかを知って対処する事がとても大切です。

頭痛が続いて不安な人、頭痛薬を飲んでも治らない人、病院で検査しても異常が無く治らないと診断された人も、あなたの頭痛の症状と照らし合わせてみてください。 

慢性頭痛(一次性頭痛)の女性

 

「慢性頭痛」は頭痛の原因となる明確な病気がないにもかかわらず頭頸部に痛みの症状が起こるタイプの頭痛です。繰り返し起こる頭痛で日本人の3人に1人がこの「慢性頭痛」で悩んでいると言われています。慢性頭痛には、「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つの種類があります。

 

●片頭痛(偏頭痛)とは?

片頭痛(偏頭痛)とは、その名前の通りコメカミから目の奥にかけて片側を中心に、時には両側や後頭部までも心臓の拍動に合わせて波打つ様なズキズキ、ガンガンと激しい痛みを起こす頭痛のことです。何らかのきっかけで急激に血流がよくなると共に脳内の血管が拡張して、三叉(さんさ)神経が刺激される事で起こると考えられています。痛みが起きると光や音、においに敏感になったり、吐き気を伴う方も多いのが特徴です

頭痛の予兆として空腹感や胃の気持ち悪さ、強い眠気や生アクビ、身体のむくみ等があったりします。また頭痛に先立つ症状として目がチカチカしてギザギザした光が見える、視界が狭くなる等の閃輝暗点が前兆として起こる方もいます。

月に1〜2回や週に1〜2回の頻度で発生して数時間から2〜3日続いて寝込んでしまう場合もありますが、時期が過ぎると急に楽になったりします。

慢性頭痛の3種類の中で特に女性の方に多いのが片頭痛(偏頭痛)です。 

院長からの片頭痛(偏頭痛)のアドバイス
片頭痛(偏頭痛)の間は、痛みのあるコメカミ付近などを冷やして、できるだけ静かで明かりも暗くして横になって安静に過ごしてください。
片頭痛(偏頭痛)を起こす原因や誘発要因としては、ストレスや女性の生理周期、気圧の変化や寒暖差、睡眠不足や運動不足、緊張状態からの解放(休日や寝起き寝過ぎ)、香水などの強い香りや空腹、人混み(イヤな人に会った後)や騒音、強い日差しや光、アルコールやチョコレートなどの特定の食べ物など、人によって様々ある為まずは自分自身の片頭痛(偏頭痛)の原因と誘発要因を把握する事が対処の為の第一歩となります。
緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛とは、過度のストレスや精神的な緊張、猫背などの悪い姿勢や長時間続く同じ姿勢、目の疲れや運動不足などが原因となって、肩まわりの筋肉や首の筋肉がパンパンに張ってくることによって起きる頭痛のことです。別名:肩こり頭痛とも呼ばれ頭にヘルメットをかぶったような重たい感じや、頭が締め付けられるような感じ、後頭部が痛い、目の奥がズーンと重痛いなどの症状が出ます。

慢性頭痛の3種類の中で性別を問わず多くの方が悩んでいるのが緊張型頭痛です。

たまに起こるものを「反復性緊張型頭痛」、ほぼ毎日のように起こるものを「慢性緊張型頭痛」と呼び、市販の薬を飲み我慢してなんとか過ごしている人が多いですが、ストレスや緊張状態が蓄積しすぎると頭痛になる習慣が出来て非常にツラい状態になるので注意が必要です。

院長の緊張型頭痛のアドバイス
肩こりや首こりを併発して頭痛が発生する事が多いので、痛むところを中心に温めたりマッサージすることで痛みが改善することもあります。
普段からストレッチや散歩などの適度な運動をしたり、定期的な気分転換などを行いストレスや緊張状態をできるだけ溜め込まないようにすることが大切です。
姿勢に気をつけることと悪い姿勢を改善することも重要なポイントになります。
 ●群発頭痛とは?

 群発頭痛とは男性の方に多く現れる頭痛です。

頭痛持ちの約3〜5%がかかるとても珍しい頭痛になります。2〜3年に1回、1ヶ月ぐらい毎日ほぼ同じ時間帯に頭をカナズチで叩かれたような激痛に襲われます。しかし、その1ヶ月が過ぎると今までの痛みがウソだったかのように消えて行きます。そしてまた2〜3年たつと痛みが再発します。これを繰り返すのが、群発頭痛です。病院での治療としては、頭痛の期間(群発期)に注射を打つなどの薬物療法や純酸素吸入法での対処療法が採用されています。

院長からの群発頭痛のアドバイス
群発頭痛の原因はハッキリとは明らかになっていませんが、不規則な睡眠生活を長く過ごしている方や、アルコールやタバコの過剰摂取の方に群発頭痛の発症が多くみられます。
急激な気圧や温度変化が起こりやすい季節の変わり目などに発症しやすい傾向があるため、自分自身の群発頭痛の発症周期を把握して、事前に睡眠不足に注意したり飲酒や喫煙を控えるなどの対応をする事が予防につながります。
当院の施術はこれら片頭痛・緊張型頭痛・奮発頭痛の慢性頭痛に改善の効果があります
二次性頭痛には脳の病気が原因で病院での治療が必要な頭痛と薬物乱用頭痛も分類されます。

 

「脳の病気が原因の頭痛」には、突発的に普段とは異なるタイプの頭痛が起こるものが当てはまります。脳腫瘍やクモ膜下出血、高血圧や髄膜炎、顎関節症や精神疾患などが原因になるようです。命に関わる危険なものもあるため、速やかに病院で医師の診断を受けるようにしてください。その他に頭痛薬などの服用回数が多すぎる事で起こる「薬物乱用頭痛」なども「二次性頭痛」に分類されます。

 

二日酔いの頭痛と風邪をひいた時の頭痛

 

「日常生活上の頭痛」には、風邪をひいた時に起こるものや、お酒を飲みすぎて「二日酔い」になった時に起こるものがあります。風邪の時に起こる頭痛は、風邪を治療する事で頭痛の症状も治まっていくので、病院で治療を受け安静にして過ごすことが大切です。二日酔いの頭痛は、対処療法として水分を補給し安静にすることで時間経過とともに治まっていくことが多いので、くれぐれも「迎え酒」などはしないでください。

 

 

 

『慢性頭痛の原因』

頭痛の原因は、頚椎2番のズレが一番のポイントです。
あなたがもし、頭痛持ちで首の付け根の筋肉に張りを感じるなら頚椎2番がズレている可能性が高いです。

頚椎2番にズレが発生すると頭痛が起こります。

 

頭痛の方の首は、パンパンに張ってることが多いです。天気の気圧の変化や重圧を感じたり、緊張モードになると首の筋肉は硬くなります。それは、首に自律神経が走っているからです。そして、自律神経の反応するポイントが頚椎2番だからです。頚椎2番がズレてることで、頭部に行く血行を阻害します。
そして、頭痛を引き起こすのです。あなたの首の付け根にボコッと出た出っ張りがありませんか?しこりだと思ってる人が多いですが、それは、骨です。

 

何でお医者さんではこのズレが見つからないの?

頚椎2番のズレは水道の蛇口が閉まるのと似ています。

レントゲンは、横から写すのでこのズレが映りません。頭痛の方の首は、まるで水道の蛇口が閉まってるような息苦しさを常に感じています。蛇口を開けて楽にしてあげたいです。

頭痛は、あなたの人生が現れたものです。

間違った姿勢の積み重ね、生き方、ストレス、色々なものが首の骨にプレッシャーとしてかかり、頭痛を発生させています。

 

頭痛は体からのメッセージです。

薬で抑えるだけではなく、

悲鳴をあげている、頑張り過ぎのあなたの身体をいたわってあげて下さい!!

 

 

頭痛の支配から卒業したいあなたの為の体験キャンペーン!通常¥8000のところ7月23日まで¥2500※あなたの頭痛に効くか?一回受けてみてください
24時間メール予約を受け付けます。

※施術中は、電話に出れませんので、留守番電話にお名前・電話番号を入れておいてください。

ご予約は 0568-64-8065 まで

メール予約 →Email まで  

友だち追加

LINEからも予約・お問い合わせができます。

『友だち追加』ボタンをクリックして連絡ください。